menu
HOME

輸液製剤協議会

よくある質問・用語解説

用語解説

もどる

mEq(ミリ当量)

mEq(ミリ当量、ミリ・イクイバレント、メック)は電解質の量を表す単位で、物質量(mmol)×イオンの価数で計算する(mEqは通常、理論値 - NaCl等の物質が完全に電離した状態 - を表示する)。 輸液のように電解質を含む溶液では、濃度を表す場合は、溶液1L中に溶けている溶質のミリ当量としてmEq/Lという単位を使用する。
例えば1価のイオンのCl-は1mmol × 1価 = 1mEqとなり、2価のイオンのCa2+は1mmol × 2価 = 2mEqとなる。
単位がmmolの場合、1mmolのCl-に対応するCa2+は1mmolではなく、イオンの価数を考慮して0.5mmolになる。
一方、単位がmEqの場合、1mEqのCl-に対応するCa2+も1mEqとなる。
輸液製剤では陽イオンと陰イオンは常に同じ当量で存在するため、複数の陽イオンと陰イオンが存在する場合でも、そのバランスがわかりやすく表現できる。

(例)生理食塩液の場合:
NaClは、水に溶けるとNa+とCl-に電離する。
0.9% = 9g/L = 154mmol/L(NaCl:58.44)
Na+:154mmol/L × 1価 = 154mEq/L、Cl-:154mmol/L × 1価 = 154mEq/L