menu
HOME

輸液製剤協議会

よくある質問・用語解説

用語解説

もどる

精製水

「精製水」とは、薬品の溶剤として製剤、試液・試薬の調製や器具の洗浄に用いられる水である。無菌ではないので、注射剤や点眼剤の調製に用いてはならない。
「常水」(一般的には、通常の水道水)を、超ろ過(逆浸透、限外ろ過)、イオン交換、蒸留又はそれらの組み合わせにより精製したものである。

【参考】精製水、滅菌精製水、注射用水(注射用蒸留水)の違いについて教えて下さい。